탑으로

    事業分野

PFP 塗料の塗装目的

PFPを海上・陸上または一般鋼構造物に対して施工する主な理由は 予期せぬ火災や爆発から人の命を保護すること と同時に、莫大な金額の資産を保護することです。

陸上プラント

陸上プラントにPFPを施工する代表的な場所は、主に天然ガス精製施設、原油精製施設、火力発電所 熱電併給施設、化学プラント及び原油ガス貯蔵施設です。近年、これまで使用されていたセメント料代わり、軽くて効率の良いエポキシ系塗料の使用が徐々に増えています。

海上プラント

海上プラントで施工されるPFPは、南極、北極など劣悪な環境の中で原油やガスを生産する多様な形の構造物、すなわち、FPSO、Fixed Platform、FLNG、FSO、Jack Up Rig等に使用することができます。また、ガスや原油貯蔵施設(vessel)にも適用され、ます。ほとんどの場合、より高度な安全性が要求される規則のもとでは、ジェット噴射の区域が義務づけられています。

PFP 塗料の種類

PFP 塗料の種類

Working Procedure of PFP 塗装手順

PFP 施工には、事前準備(図面及び塗料、装備、工具)が重要です。作業手順を準順守することで優れた品質の製品が出来上がります。

Cleaning & masking 洗浄とマスキング

作業を開始するにあたり、先行された塗装(プライマー)、の、塗装状態(50~75㎛)の確認及び清潔状態、作業保留エリアの確認、PFPエリアを除外した残りのに保護がしっかりと施されているか確認する作業確認する作業です。

Before PFP & 1ST PFP塗装前と一層目塗装

例えばPFPエリアの膜厚が8ミリだと仮定する場合、4ミリで1回目の塗装を行い、その上にMeshを付ける作業をします。(※ Meshの目的は、火災の時PFP塗料が熱によって膨れ上がる際、張力を強化させ施工部位から離れないように防止するためです。)

Thickness check 膜厚チェック

一層目を塗装した後、ウェット膜厚ゲージ(左側写真)でウェット膜厚を定期的に測定し、均一に塗布し、ます。一層目 & MESHが硬化した後に正確な膜厚をピンゲージで測定した後、次の塗装のために残った膜厚を記録します(右側写真参考)。

2nd COAT SPRAY 二層目塗装 スプレー

測定膜厚を確認し、指定の合計膜厚にするために記録された膜厚を塗布します。

Trowel & Roller コテとローラー

コテとローラーを利用して仕上げ表面を均一にします。最終膜厚チェックと叩き塗り:必要ならば叩き塗りを行い、上塗りとの密着を高めます。

Final Thickness check & Stipple 最終膜厚チェックと叩き塗り

最終塗膜の厚さ及び外観状態を確認後、上塗りとの密着力を高めるためため叩き塗りをします。